太陽にほえろ!全曲集

太陽にほえろ!全曲集
太陽にほえろ!全曲集
太陽にほえろ!井上堯之バンド
1. 太陽にほえろ:メインテーマ
2. 太陽にほえろ:マカロニ刑事のテーマ
3. 太陽にほえろ:ジーパン刑事のテーマ
4. 太陽にほえろ:テキサス刑事のテーマ
5. 太陽にほえろ:ボンボン刑事のテーマ
6. 太陽にほえろ:スコッチ刑事のテーマ
7. 太陽にほえろ:ロッキー刑事のテーマ
8. 太陽にほえろ:ボスのテーマ
9. 太陽にほえろ:山さんのテーマ
10. 太陽にほえろ:ゴリさんのテーマ
11. 太陽にほえろ:長さんのテーマ
12. 太陽にほえろ:殿下のテーマ
13. 太陽にほえろ!メインテーマ’79
14. 太陽にほえろ:走れ!スニーカー
15. 太陽にほえろ:ドッグ刑事のテーマ
16. 太陽にほえろ:ラガー刑事のテーマ
17. 太陽にほえろ:ジプシー刑事のテーマ
18. 太陽にほえろ:ボギー刑事のテーマ
19. 太陽にほえろ:トシさんのテーマ
20. 太陽にほえろ:マミー刑事のテーマ
21. 太陽にほえろ:ブルース刑事のテーマ
22. 太陽にほえろ:マイコン刑事のテーマ
23. 太陽にほえろ:デューク刑事のテーマ
24. 太陽にほえろ:DJ刑事のテーマ
25. 太陽にほえろ;インテーマ’86
26. 太陽にほえろ:愛のテーマ



>>>太陽にほえろ!全曲集をAmazonで詳しく見る
posted by 太陽にほえろ at 12:16 | 太陽にほえろ!全曲集

太陽にほえろ! ― オリジナル・サウンドトラック

太陽にほえろ! ― オリジナル・サウンドトラック
太陽にほえろ! ― オリジナル・サウンドトラック
太陽にほえろサントラ 井上堯之バンド

音楽と結び付いた記憶,そのドラマ編といえば,まさに青春時代を象徴するのが「太陽にほえろ」。鮮烈デビューのマカロニ,壮絶なジーパンなど4代目までの初期テーマのベスト,全曲楽譜付きが泣かせる。
1. 「太陽にほえろ!」メイン・テーマ
2. 太陽にほえろ:冒険のテーマM2
3. 太陽にほえろ:追跡のテーマM1
4. 太陽にほえろ:情熱のテーマM1
5. 太陽にほえろ:青春のテーマM1
6. 太陽にほえろ:アクション
7. 太陽にほえろ:怒りのテーマ
8. 太陽にほえろ:希望のテーマ
9. 太陽にほえろ:行動のテーマ
10. 太陽にほえろ:冒険のテーマM1
11. 太陽にほえろ:幸福のテーマ
12. 太陽にほえろ:尾行のテーマ
13. 太陽にほえろ:追跡のテーマM2
14. 太陽にほえろ:新「愛」のテーマ
15. 太陽にほえろ: 青春のテーマM2
16. 太陽にほえろ:情熱のテーマM2
17. 太陽にほえろ:衝撃のテーマ
18. 太陽にほえろ:愛のテーマ


>>>太陽にほえろ! ― オリジナル・サウンドトラックをAmazonで詳しく見る

太陽にほえろ! ほか刑事魂TV刑事ドラマソング・べスト

太陽にほえろ! ほか刑事魂TV刑事ドラマソング・べスト
太陽にほえろ! ほか刑事魂TV刑事ドラマソング・べスト
テレビ主題歌 TVサントラ 大野克夫

1. 『太陽にほえろ!』メイン・テーマ
2. 『太陽にほえろ!』マカロニ刑事のテーマ
3. 『太陽にほえろ!』ジーパン刑事のテーマ
4. 『俺たちの勲章』メインテーマ「ああ青春 / トランザム」
5. 『大都会・闘いの日々』メイン・テーマ
6. 『大都会PARTII』メイン・テーマ
7. 『大都会PARTII』主題歌「ひとり / 渡哲也」
8. 『大都会PARTIII』主題歌「日暮れ坂 / 渡哲也」
9. 『西部警察』メイン・テーマ
10. 『西部警察PARTII』メイン・テーマ「ワンダフル・ガイズ」
11. 『あぶない刑事』主題歌『冷たい太陽 / 舘ひろし』
12. 『あいつがトラブル』メイン・テーマ「SHOUT / PICASSO」
13. 『刑事くん』主題歌「コンクリート・ジャングル / 桜木健一」
14. 『非情のライセンス』メイン・テーマ
15. 『非情のライセンス』挿入歌「非情の街 / 天知茂」
16. 『非情のライセンス』主題歌「昭和ブルース / 天知茂」
17. 『Gメン'75』メイン・テーマ
18. 『特捜最前線』メイン・テーマ
19. 『特捜最前線』主題歌「私だけの十字架 / F・チリアーノ」
20. 『夜明けの刑事』主題歌「夜明けの街 / 石橋正次」(初CD化)
21. 『二人の事件簿』主題歌「街のともしび / 牧美智子」(初CD化)
22. 『新・二人の事件簿 暁に駆ける』主題歌「暁に駆ける / 牧美智子」(初CD化)
23. 『噂の刑事トミーとマツ』主題歌「ワンダフル・モーメント / 松崎しげる」
24. 『熱中時代・刑事編』主題歌「カリフォルニア・コネクション / 水谷豊」
25. 『大空港』メイン・テーマ「大空港のテーマ」(初CD化)
26. 『大捜査線』主題歌「君は人のために死ねるか / 杉良太郎」


>>>太陽にほえろ! ほか刑事魂TV刑事ドラマソング・べストをAmazonで詳しく見る

太陽にほえろ! ジーパン刑事編2 DVD-BOX

太陽にほえろ! ジーパン刑事編2 DVD-BOX
太陽にほえろ! ジーパン刑事編2 DVD-BOX
松田優作 石原裕次郎 露口茂

刑事ドラマの金字塔、警視庁七曲警察署捜査第一係の面々の活躍を描く「太陽にほえろ!」。1972年より放映を開始したTVシリーズ「太陽にほえろ!」の中から、松田優作演じるジーパン刑事の活躍を集めたDVD-BOXの第2弾。第83話「午前10時爆破予定」から第111話「ジーパン・シンコその愛と死」までを収録。語り継がれる衝撃の殉職シーンは必見


>>>太陽にほえろ! ジーパン刑事編2 DVD-BOXをAmazonで詳しく見る
posted by 太陽にほえろ at 12:03 | 太陽にほえろ! ジーパン刑事編2 DVD-BOX

太陽にほえろ! ジーパン刑事編1 DVD-BOX

太陽にほえろ! ジーパン刑事編1 DVD-BOX
太陽にほえろ! ジーパン刑事編1 DVD-BOX
松田優作 石原裕次郎 露口茂

刑事ドラマの金字塔、警視庁七曲警察署捜査第一係の面々の活躍を描く「太陽にほえろ!」。第1話から登場していた刑事・早見淳=マカロニ(萩原健一)が52話で殉職したのをうけ、続く53話から登場した刑事・柴田純=ジーパン(松田優作)。彼が殉職する第111話までを収録したDVDボックスセット。
マカロニに負けず劣らず、若さゆえに犯人の気持ちに同化してしまいながらも、しかし一歩一歩刑事としての経験を積んでいくジーパンの成長、そして一係の女刑事・シンコ(関根恵子)とのロマンス。父が拳銃によって命を奪われたことから銃の携帯を拒み、得意の空手で犯人たちに対峙しながらもその限界にもブチ当たる姿を等身大で演じる松田優作、その魅力がぎっしりつまったシリーズ第2の黄金期


>>>太陽にほえろ! ジーパン刑事編1 DVD-BOXをAmazonで詳しく見る
posted by 太陽にほえろ at 11:57 | 太陽にほえろ! ジーパン刑事編1 DVD-BOX

太陽にほえろ! テキサス刑事編1 DVD-BOX

太陽にほえろ! テキサス刑事編1 DVD-BOX
太陽にほえろ! テキサス刑事編1 DVD-BOX
勝野洋 石原裕次郎 露口茂

東京・新宿の七曲署を舞台に刑事たちの活躍を描いた、日本テレビ系のテレビドラマ「太陽にほえろ!」をDVD-BOX化。刑事TVドラマの金字塔「太陽にほえろ!」の放映開始30周年を記念して発売されるDVD-BOX。傑作刑事ドラマ「太陽にほえろ!」から、勝野洋が演じる“テキサス刑事”の活躍を集めたDVD-BOX第1弾。第112話「テキサス刑事登場」から第140話「故郷の父」までの前半28話と、特典としてメイキングを収録。初回限定生産版


>>>太陽にほえろ! テキサス刑事編1 DVD-BOXをAmazonで詳しく見る
posted by 太陽にほえろ at 00:20 | 太陽にほえろ! テキサス刑事編1 DVD-BOX

太陽にほえろ! テキサス&ボン編2 DVD-BOX「テキサス殉職」

太陽にほえろ! テキサス&ボン編2 DVD-BOX「テキサス殉職」
太陽にほえろ! テキサス&ボン編2 DVD-BOX「テキサス殉職」
宮内淳 石原裕次郎 勝野洋

東京・新宿の七曲署を舞台に刑事たちの活躍を描いた、日本テレビ系のテレビドラマ「太陽にほえろ!」をDVD-BOX化。刑事TVドラマの金字塔「太陽にほえろ!」の放映開始30周年を記念して発売されるDVD-BOX。第193話の「二人の刑事」から第216話の「テキサスは死なず!」までを収録


>>>太陽にほえろ! テキサス&ボン編2 DVD-BOX「テキサス殉職」をAmazonで詳しく見る

太陽にほえろ! テキサス&ボン編1 DVD-BOX「ボン登場」

太陽にほえろ! テキサス&ボン編1 DVD-BOX「ボン登場」
太陽にほえろ! テキサス&ボン編1 DVD-BOX「ボン登場」
宮内淳 石原裕次郎 勝野洋

東京・新宿の七曲署を舞台に刑事たちの活躍を描いた、日本テレビ系のテレビドラマ「太陽にほえろ!」をDVD-BOX化。刑事TVドラマの金字塔「太陽にほえろ!」の放映開始30周年を記念して発売されるDVD-BOXの第4弾。呉服問屋の御曹司でもある刑事・田口良が登場する第168話「ぼんぼん刑事登場!」から、第192話「2・8・5・6・3」までに加え、特典ディスクを封入する。


>>>太陽にほえろ! テキサス&ボン編1 DVD-BOX「ボン登場」をAmazonで詳しく見る

太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX2

太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX2
太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX2
萩原健一 石原裕次郎 竜雷太

東京・新宿の七曲署を舞台に刑事たちの活躍を描いた、日本テレビ系のテレビドラマ「太陽にほえろ!」をDVD-BOX化。放映開始30周年記念としてリリースされる、刑事テレビドラマの金字塔「太陽にほえろ!」のDVD-BOX第2弾。萩原健一が長髪にパンタロンスーツという型破りな刑事として活躍したマカロニ編の第28話から第52話(最終回)を収録


>>>太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX2をAmazonで詳しく見る
posted by 太陽にほえろ at 23:50 | 太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX2

太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX I

太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX I
太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX I
萩原健一 石原裕次郎 竜雷太

東京・新宿の七曲署を舞台に刑事たちの活躍を描いた、日本テレビ系のテレビドラマ「太陽にほえろ!」をDVD-BOX化。放映開始30周年記念としてリリースされる刑事テレビドラマの金字塔、「太陽にほえろ!」のDVD-BOX第1弾。萩原健一が長髪にパンタロンスーツという型破りな刑事“マカロニ”として活躍した、第1話から第25話までを収録している


>>>太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX IをAmazonで詳しく見る
posted by 太陽にほえろ at 23:39 | 太陽にほえろ! マカロニ刑事編 DVD-BOX I

太陽にほえろ! スコッチ&ボン編2 DVD-BOX

太陽にほえろ! スコッチ&ボン編2 DVD-BOX
太陽にほえろ! スコッチ&ボン編2 DVD-BOX
沖雅也 石原裕次郎 宮内淳

東京・新宿の七曲署を舞台に刑事たちの活躍を描いた、日本テレビ系のテレビドラマ「太陽にほえろ!」をDVD-BOX化。沖雅也、石原裕次郎、宮内淳ほか出演。第237話「あやまち」から第255話「本日多忙」までを収録


>>>太陽にほえろ! スコッチ&ボン編2 DVD-BOXをAmazonで詳しく見る
posted by 太陽にほえろ at 23:28 | 太陽にほえろ! スコッチ&ボン編2 DVD-BOX

太陽にほえろ! スコッチ&ボン編1 DVD-BOX「スコッチ登場」

太陽にほえろ! スコッチ&ボン編1 DVD-BOX「スコッチ登場」
太陽にほえろ! スコッチ&ボン編1 DVD-BOX「スコッチ登場」
沖雅也 石原裕次郎 宮内淳

東京・新宿の七曲署を舞台に刑事たちの活躍を描いた、日本テレビ系のテレビドラマ「太陽にほえろ!」をDVD-BOX化。沖雅也、石原裕次郎、宮内淳ほか出演。第217話「スコッチ刑事登場!」から第236話「砂の城」までを収録


>>>太陽にほえろ! スコッチ&ボン編1 DVD-BOX「スコッチ登場」をAmazonで詳しく見る

太陽にほえろ撮影秘話6

予告編は助監督に制作が任され、未使用カット等で編集される。しかし、新撮カットや予告のために撮られた演出違いのカットが挿入される場合もあった。

(例・「島刑事よ永遠に」「スコッチ刑事登場」など)また、初期ではナレーション(音声)違いの別バージョンが販売された予告編集(七曲署ヒストリー)で確認されている。

反対に「マカロニ死す」の放映予告編は黒バックに字幕だが、ヒストリー版では青バックとなっている編集違いも存在する。

13話や「デューク刑事登場」予告編は放映版とヒストリー版では内容が全く異なる。基本的に30秒枠だが、新刑事登場等では45秒に拡大する場合もある。

「島刑事よ永遠に」ではさらに15秒スポットが投入された。他にも新刑事登場を節目に番組宣伝(CM)も数種類流された。
続きを見る>>>



posted by 太陽にほえろ at 12:12 | 太陽にほえろ撮影秘話

太陽にほえろ撮影秘話5

七曲署庁舎は世田谷区内の海上自衛隊を借用。但し、屋上が無い二階建なので屋根が写らないように撮影していた。現在は建替えられ外観は変わった。屋上は北新宿で撮影。
続きを見る>>>


posted by 太陽にほえろ at 12:11 | 太陽にほえろ撮影秘話

太陽にほえろ撮影秘話4

ハイパトは各刑事専用に改造され、「テキサスマグナム」も作られた。原昌之は登場直後はローマンだが、以降はパイソン2.5インチに。

パイソンは後に島津、喜多らに継承された。以上は全てモデルガンメーカーのMGC社製。各ステージガンは国際放映の小道具(番組後期まで)で、他番組でも流用される。

また、一部役者が持ち込む場合もあった。小道具担当は春木弘(中途降板)で製作はグットビレッジやTMG(東京メイクガン)、JAC。

神田正輝の登場時はトビー門口がガン・アドバイザーとして参加していたため、神田が使用するバック・サイド・ホルスターもトビー氏のスタッフが考案、後に劇中仕様と全く同じものが一般市販された。

この後、2タイプのホルスターは様々なGunショップで複製され発売された事もあった。この神田正輝登場前から劇中でもトビー氏が他の映画作品等で製作していたステージ・ガンが登場することもあった。
続きを見る>>>


posted by 太陽にほえろ at 12:09 | 太陽にほえろ撮影秘話

太陽にほえろ撮影秘話3

初期のステージガンは日活コルト等の撮影用プロップを使用。後にMGCハイウエイパトロールマン41(通称MGCハイパト41)が刑事ドラマ全般で使われ始めた。

藤堂は電気発火式ルガーP08を愛用していた時期もある。76年、滝の登場から銃身の短いMGCMGCローマンMkIIIが刑事ドラマ全般の主流となる。

昭は神田正輝本人たっての希望で小道具係が自動式拳銃MGCM59を準備して使用、澤村誠は44口径としてM29を使用。
続きを見る>>>



posted by 太陽にほえろ at 12:08 | 太陽にほえろ撮影秘話

太陽にほえろ撮影秘話3

撮影の遅れを取り戻すため、B班と呼ばれる別班が応援に入る。2班同時進行で、俳優らは多忙を極めた。A班主要スタッフ(撮影技師・助監督等)を混ぜて作品の出来が均一になるようにしていた。

A班は主に竹林・山本監督など東宝出身または鈴木監督が、B班は澤田・小澤・斉藤監督など外部出身監督があたる場合が多い。B班制作は年に10本程度
続きを見る>>>



posted by 太陽にほえろ at 12:06 | 太陽にほえろ撮影秘話

太陽にほえろ撮影秘話2

番組の収録は世田谷区砧にある国際放映撮影所で行われた。旧新東宝のスタジオでもある。ここの7番ステージにパーマネントセットが組まれ、月に二回(隔週金曜日)レギュラキャストが集まって刑事部屋などのシーンが収録された。基本的に同じ監督で二本同時収録し、実撮影日数は約14日。
続きを見る>>>


posted by 太陽にほえろ at 12:04 | 太陽にほえろ撮影秘話

太陽にほえろ撮影秘話1

藤堂俊介の出番の一部を渡辺徹が代役していたことが後に紹介されている。「スタンドイン」と呼ばれる手法で、石原裕次郎の負担を軽減させるための策として活用された。
続きを見る>>>


posted by 太陽にほえろ at 12:03 | 太陽にほえろ撮影秘話

太陽にほえろ脚本

太陽にほえろ脚本

メインライターは小川英。初期は脚本の監修(シリーズ構成)というシステムが無く、個別に確認するだけで、厳密さが無かった。独創性のある秀作・異色作が世に出たが、作品全体では辻褄が合わない短所もあった。

大映ドラマで有名な長野洋も主力として参加。銃器類をテーマとした展開が得意で、「そして拳銃に弾を込めた」「最後の標的」「一発で射殺せよ!」「射殺」「ドクター刑事登場」「3人の未亡人」等を執筆。他にも石塚の代表作「すべてを賭けて」「再会」「石塚刑事殉職」、追悼作「ゴリさん、見ていてください」、他にも重要エピソード(交代劇・記念作)も多数執筆。(「鶴飛」、ボン殉職、ラガー登場、スコッチ復帰&殉職、ボギー登場、500回記念、山村左遷命令等)さらに初期ドック編や昭の父親像を作り上げたのも長野脚本である。(「禁じられた怒り」「父親」「ドック刑事のシアワセな日」「落とし穴」、雪山ロケ前後編)

市川森一は秀作「そして愛が終わった」「愛が終わった朝」を執筆。鮫島のキャラクタも産み出し、後々まで継承された。

青春シリーズで活躍していた鎌田敏夫はマカロニ編後期から参加。ジーパン編の代表作を執筆し、純のキャラクタを決定つけた。(例:ジーパン登場、「どぶねずみ」「海を撃て!ジーパン」「おふくろ」「恐怖の瞬間」など。後に「俺たちシリーズ」のメイン作家として活躍)

長野・鎌田はジーパン・テキサス時代のメインライターとして傑作・秀作を連発。番組の人気底上げの牽引力となった。

初期から参加していた鴨居達比古はニヒルで独特な作風で、裕次郎・ショーケン・優作らの魅力を引き出す名作脚本を執筆。(「想い出だけが残った」「殺し屋の詩」「新宿に朝は来るけれど」等)

テキサス編から後に「スケバン刑事」を手掛ける新人杉村のぼるが参加。良のキャラクタ造型を担う。(ボン登場、「偶像」「あせり」「辞表」等)

70年代後期、尾西兼一・古内一成ら第二世代の新人作家が参加。硬派・峯尾基三・柏原寛司らのゲスト作も増えていく。

81年、後に「スケバン刑事U少女鉄仮面伝説」で活躍する土屋斗紀雄がデビューし、意欲作「引き金に指はかけない」を執筆。同年大川俊道もデビューし、後のカワセミ時代に繋がっていく。

「陽当たり良好」の終了から金子裕が参加。井川のキャラクタ造型を担う。(「離婚」「父と子の写真」「妻への疑惑」)

後に「踊る大捜査線」「恋人はスナイパー」で活躍する君塚良一も参加。

小川英が監修するようになって設定ミスが減り、全体の構成はまとまったが際立った作品や独創性が乏しくなり、平凡な脚本が並ぶ。さらに小川規則に反発し、多くの作家が番組から離れてしまう弊害もあった。

一方、小川英は私塾「英(はなぶさ)塾」を主催し、若手の育成に努め、本番組が新人作家の登竜門として位置付けされていった。後期に活躍した蔵元三四郎(「殉やす」など執筆)も塾生の一人。

淳二・一の登場から若手作家の力量が発揮され、「ラッサ熱」(土屋)、「ボギーのいちばん長い日」「すご腕ボギー」(大川・小川)を執筆。古内はジプシー編・ボギー編の多くや、ドック編三部作「サギ師入門」「スリ学入門」「潜入泥棒株式会社」を共同執筆し、若手刑事の活躍を描いた。

ブルース(澤村誠)登場から大川節が炸裂し、「正義に拳銃を向けた男」「走れブルース」「ブルースの賞金稼ぎ」等のアクション作を執筆。

古内も「一係皆殺し」「鳩の舞う街」「空白0.5秒」など硬派な秀作を執筆。

女流作家も後期に多く参加して新風を吹き込んだ。(亜搶文代・塩田千種など)古くは女優大山のぶ代も参加し、「人形の部屋」など5本を執筆。「山さんがボスを撃つ」は当時18歳女性による作品である。

80年代は大川・尾西・古内ラインがメイン脚本陣として番組を支え、最終回はベテラン峯尾の執筆で幕を閉じた。

「鶴が飛んだ日」は投稿脚本が認められ採用成ったもので、原案者は不明。月刊「ドラマ」誌でもプロット募集が行われた。
続きを見る>>>



posted by 太陽にほえろ at 11:59 | 太陽にほえろ脚本

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。